おこさまランチ革命の思想

http://jp.fotolia.com/id/4152556 Shiny fresh purple eggplants © Al Teich #4152556
http://jp.fotolia.com/id/4152556 Shiny fresh purple eggplants © Al Teich #4152556

子ども達の食を大切にしたいという想いで走り出したこのプロジェクト。いよいよ始動しました。

子どもの「食」が地域の未来を作る!
子ども達の食に改革を!

正しく、楽しく、想って食べる!

おもちゃ化された子ども達の外食事情を
今一度、意味を見直すきっかけづくりのプロジェクト!

子どもたちに正しく楽しいランチメニューを提供し、
「いのちをいただきます」という意味を少しでもわかってもらう。

いろんな切り口から
こどもたちの「豊かな食」を取り戻そう!
大切にしたいものが同じ人たちと巻き起こす、
おこさまランチを使った「食の革命」の始まりです!

 

子供たちが体に入れる食材の産地基準、バランス基準、添加物基準に加え、楽しく食べられる工夫や「いただきます」の意味を伝える工夫など、おこさまランチ基準を策定し、それに沿ったお子様ランチを各店舗独自のレシピで提供していただくプロジェクトです。

より多くの店舗の協賛とご協力をお願いいたします。


「いただきます」の意味

「いただきます」のあいさつは様々な感謝の気持ちを込めた

外国には無い、日本特有の言葉です。

 

「いただきます」の語源は神様にお供えしたものを食べる時や、

位の高い方から物を受け取る時に頂(いただき 頭の上)に

かかげたことから、

“食べる” “もらう” の謙譲語として「いただく」が

使われるようになったことに由来します。

 

やがて、食事を始める時に「いただきます」と言うようになり

食前の挨拶として定着しました。

 

わたしの命のために動植物の命をいただきます

 

古くから自然の恵みをもらって人々は生きてきました。

自然の恵みとは言い換えれば数々の動植物の生命をもらうこと。

命がつながりあってみな生きている、生かされているのです。

多くの生き物を犠牲にして生きている事、

偉大な自然への感謝の気持ちを表しています。

 

飽食の今の時代は食べ物があることのありがたさを

ともすれば忘れてしまいがちです。

そんな時代だからこそ「いただきます」の意味をしっかりと理解し

何となく、挨拶だからではなく、感謝の気持ちを込めて

自然と言えるようになって欲しいと願っています。